不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅価格指数
以前の日経にありましたが、

住宅価格指数の整備は大きな課題だと思います。

レインズの一般公開や成約価格の入力義務化も

いいとは思うのですが

イギリス、アメリカのように

住宅ローンの情報を整備、

そこから住宅価格指数をつくるというのは

いい案ではないでしょうか。

また登記簿に価格情報が記載される形にすることも

一案ではないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。


不動産マーケット再浮上の条件 (単行本)
4822224368
不動産マーケットはこうなる (単行本(ソフトカバー))
4822246507
基礎からよくわかる 不動産証券化ガイドブック 改訂版 (大型本)
4324083851
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産検索ポータルサイト「不動産ドットコム」
不動産会社人気ランキング

全国の不動産会社の人気を比較ランキングで見ることができます。

ランキングは会社情報閲覧数、ホームページ訪問数、

メール問合せ件数、物件閲覧数の集計によって

順位が決められます。
まずは軽く見ていただくと魅力がわかると思います。

「不動産ドットコム」

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

リリミック(Re-Remic)とは
リリミック(Re-Remic)が

CMBS市場の回復の呼び水として

期待されているようです。

リリミック(Re-Remic)とは、

「resecuritizations of real estateinvestment conduits

(不動産投資コンデュイットの再証券化)」。

コンデュイットは簿外の特別目的会社。

リリミックは、裏付けとなる住宅ローンについて、

大半のCDOより大きな損失に対応できるように

組成された部分を含んでいる。

一方、それ以外の部分は価値が低く、

これを購入した投資家からすれば、

利回りが20%以上になる可能性もある。

流動性のない証券を動かすことで、

仕組み金融業界が再び動き出すことが

期待されているそうです。

リリミック(Re-Remic)今後に注目します。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

おとり広告に注意
2008年6月、架空物件などエイブル「おとり広告」 

公取委が排除命令

「エイブル」が、インターネット上や情報誌に出した広告で、

実在しない部屋や契約済み物件を載せたほか、

築年数などの条件も実際より優良に表示していたとして、

公正取引委員会は景品表示法違反(おとり広告、優良誤認)で

同社に排除命令を出した。

実際には存在しない架空の物件でお客を誘い込む不動産業者がいる!

広告に載っていても、必ずしも、

本当にある物件でないケースがあります。

こういう不動産業者のよくある手口は・・・。

問い合わせると、とにかく来店をせまる。

全く違う物件を勧めてくる。

1日で契約にもちこもうとする。

手付金を低い金額でとる。


完全に違法です。
しかし、少ないながら、こういう業者はいます。

要注意です。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

SFCG破産の影響
アサヒ・コムより。

民事再生を探っていた商工ローン最大手の

SFCG(旧商工ファンド)が破産手続きに追い込まれる。


貸し出し債権の不正な二重譲渡の発覚が一因だ。

その規模は700億円にも達することが分かり、

譲渡先の銀行や借り手の中小企業への影響が懸念されている。

SFCGの営業手法には批判が根強いが、

「最後の貸手」になっていたのも事実。

破産で貸手がいなくなれば、借り手も行き詰まる。

貸手が入れ替わる場合も、混乱を招く恐れがある。

 東京都内の不動産賃貸業者は

SFCGから不動産担保ローンを受けている。

金融危機で担保不動産の価値は急落したが、

家賃収入で元本・利息を支払い続けてきた。

「債権者が代わって不動産を売れと言われれば、

格安で売らないといけない。

そうすれば、うちも破綻(は・たん)。

2次被害を起こさないように配慮してほしい」と訴える。

*************************************
SFCGの破産の影響で不動産業者の倒産に

拍車がかかることになりそうです。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

ジャパン・オフィス投資法人 分配金減少
不動産投資信託(REIT)ののジャパン・オフィス投資法人は

旧クリードオフィスです。

借入金返済のために都内のオフィスビルなど5物件を売却し、

7億7000万円の売却損が発生。

この売却で約7.7億円の売却損を計上です。

当然分配金が半減の5200円です。

資金調達の厳しさを感じます。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

アイディーユー大幅赤字
日経より。

アイディーユーは、2009年3月期の

連結最終損益が35億円の赤字になりそうだと発表した。

不動産市況の悪化に伴い、不動産の転売事業から撤退したことなどが響く。

事業規模は大幅に縮小し、今後は不動産競売サイトの運営に特化していく。

 売上高は52億円、経常損益は22億円の赤字の見通し。

有利子負債を削減するため保有不動産の売却を継続している。

**************************
ネクストもHOME'Sオークションを撤退しましたよね。

不動産競売サイトはうまくいかないのでしょうか。

アイディーユー、今後も注目していきます。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
不動産倒産情報:クリードが倒産です!
ついにクリードが倒産です!

東証1部上場企業です。

負債総額(平成 20 年 10 月 31 日現在)

約 65,081 百万円。


クリードは、1996年の設立。

主力は不動産投資ファンド運営で、

米国サブプライム住宅ローン問題を

発端とする市況低迷で、経営が悪化。

PANCH、PTA、CANDYの「C」は

クリードということでしょうか。

前兆はありましたが・・・。

いちごアセットにREITは手放していますが、

REIT市場にも影響しそうですね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産地図管理サービスF-map
ブログ「快適住まいの創造 思いつくまま」さん

を見たのですが、

不動産地図管理サービスのF-mapというサイト

はなかなか面白いサービスをしています。

地図データベース機能を使い 「検索」や「編集」等行うことができます。

新規地図登録(地図検索)、登録地図一覧(地図データベース)

といった機能があります。

今後、こうしたサービスは発展しそうですね。

「F-map」も今後もっと発展しそうです。

不動産業者にとっては素晴らしいサービスではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

減築という選択肢
減築とは、

建物の床面積を減らして改装すること。


増・改築やリフォーム、新築などの言葉は聞きなれていますが、

減築という言葉には馴染みが無いのではないでしょうか。

(↑リンク先もご参照ください)

減築は、実は確実に増えてきているようです。

郊外のマンション、物件には、

減築を選択肢に加える価値はありそうですね。

今後リフォーム、リノベーションでのキーワードとなりそうです。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。