不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産倒産情報:ダイナシティ
TDBより一部抜粋します。

(株)ダイナシティは、民事再生法の適用を申請した。
 
当社は、コンパクトマンションの開発・販売を主体に

マンションの企画・開発・販売を手がけていた。

(株)インボイスグループの傘下に入り再建を図っていた。

負債は約520億7700万円。
****************************
懸念されていた企業でしたが・・・。

負債が大きいですね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。


スポンサーサイト

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

利下げ決定
日銀は31日、政策委員会・金融政策決定会合を開き、

政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を

0・5%から0・3%前後へ引き下げることを決めた。

利下げは平成13年3月以来、7年7カ月ぶり。


日銀は18年7月にゼロ金利政策を解除し、

19年2月の追加利上げで政策金利を0・5%としていたが、

世界的な金融危機に伴う景気後退に直面し、

再び金融緩和へと舵を切った。
*******************************
変動型の住宅ローンを組んでいる方には朗報ですね。

ただし、住宅取得への効果は低いのではないでしょうか。

住宅ローン減税までは当面様子見の状態となりそうですね。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産倒産情報:康和地所
TDBより一部抜粋します。

康和地所(株)は、民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

当社は、ファミリーマンションの自社開発分譲を主力に、

その他不動産開発・企画および仲介・販売代理を展開。

介護事業にも参入。

しかし、不動産業界を取り巻く急激な変化で、

決済資金が確保できず、今回の措置となった。

負債は2007年9月末時点で約143億5300万円。
*****************************
やはり月末の金曜に倒産がでました。

負債額も大きいですね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

更新料は払わなくてもいいか
普通、2年に一回は更新料を支払うように

賃貸契約に定められています。

更新料は本当に支払う必要があるのでしょうか。

更新料には何の意味があるのでしょうか。


実際には、無視しても大丈夫なのです。

通常の場合、更新料を払わないと

「法定更新」というものになります。

これは、法的には「期間の定めのない賃貸借」となり

貸主はいつでも解約の申し出ができます。

もっとも貸主は正当事由がない限り

「期間の定めのない賃貸借」

でも解約はできません。

つまり、実際には更新料を払わずに無視していても、

家賃さえちゃんと払っていれば大丈夫ということになります。



気に入ったオウチのパンフレットを無料で差し上げます★住宅情報ナビ



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

倒産情報:勝村建設
TDBより一部抜粋します。

勝村建設(株)は、10月30日付で営業を休止し、

事後処理を田中信人弁護士に一任した。

商業ビルやマンション、公共施設などの建築工事を主体に、

道路基礎工事やダム工事などの土木工事、

不動産開発事業などを展開していた。

しかし近時は、(株)エフ・イー・シーなどの取引先に対して

多額の焦げ付きや未収金が発生し、

資金繰りが急速に悪化。

負債は2007年9月末時点で約80億400万円。
****************************
こちらも連鎖倒産ですね。

デベロッパーが苦しいので、

その支払い先の建築会社も苦しくなるという状況ですね。

今後も続きそうです。

中古マンション・新築一戸建て・中古一戸建て・土地の購入情報
の不動産検索ホームアドパークはこちら↓
約15万件の売買用物件の不動産情報サイト



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産倒産情報:株式会社ノエルなど2社
あらためてTDBから一部抜粋します。

東証2部上場で総合不動産業の

(株)ノエルと(株)ENRの2社は、

自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。

ノエルは、中堅デベロッパーで

2007年8月に東証2部へ上場を果たしていた。

東急田園都市線中心にマンション分譲や

用地売買を主体に運営、

そのほか建売、仲介・管理も手がけ、

近年はマンション用地の需要が旺盛であったほか、

不動産ファンド向けの開発物件が

好調で年々業績を伸ばしていた。

しかし不動産市況の悪化が経営を圧迫。

資金繰りはひっ迫し、今回の措置となった。

ENRは不動産会社。

都心の高級住宅に特化したプロパティマネジメント事業や

賃貸・売買仲介を行っていたが

ノエルに連鎖する形となった。

負債は、ノエルが約414億円、

ENRが約3億円で

2社合計で約417億円。

*********************************
今日は月末、金曜です。

倒産が出る可能性は高そうです。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産倒産情報:ノエル
ノエルが倒産です。

破産手続開始決定です。

負債額414億円。大きいです。

子会社の?ENRも倒産です。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

今チャンスと考えられる資産運用は何か
今の円高を利用した資産運用のひとつとして

外貨MMFが魅力的ではないかと思うのですがいかがでしょうか。


円高の今、ドルやユーロのMMFを買っておき、

円安に動いたら売却します。


為替差益にかかる税金は非課税です。

円高が続いてもその間は保有していれば

MMFの利息を得ることができます。

MMFのメリットは預金より利率がよく、

元本が毀損するリスクがかなり低い点ではないでしょうか。


手数料の安いネット証券がいいのですが、

ETFなどの商品の充実した証券となると、

SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3つとなると思います。


ドルとユーロの両方のMMFを扱っていて

総合的にサービスの充実しているネット証券となると

マネックス証券ではないでしょうか。

SBI証券、楽天証券はドルMMFのみの取り扱いで、

分散投資という意味では

ユーロMMFもあったほうがいいのではないでしょうか。

マネックス証券の場合、ドル、ユーロだけでなく、

豪ドルのMMFまであります。

また今は手数料のキャッシュバックキャンペーンも魅力です。

口座開設などのリンクは以下です。
マネックス証券

外貨建てMMFのMMFとは、

Money Market Fund の略で、

外貨で運用する投資信託です。

投資家から集めたお金を海外の国債や、

格付けの高い短期債券に投資する金融商品です。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

倒産情報:山崎建設株式会社など2社
TDBより一部抜粋します。

山凬建設(株)と

子会社の日本ロックエンジニアリング(株)は、

会社更生法の適用を申請し、同日保全管理命令を受けた。


山凬建設は、官公庁発注の土木工事を主体に

建築工事も手がけていた。

日本ロックエンジニアリングは、

山凬建設の岩石爆砕処理部門を分離して設立したが

連鎖倒産。

負債は、山凬建設が約360億4200万円、

日本ロックエンジニアリングが約20億6900万円

(ともに2008年3月末時点)で、2社合計で約381億1100万円。

***********************************
やはり月末に向けて倒産が出ました。

負債額が大きいですね。

今後も続きそうです。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

仕事と人生を変える1日1ページ


世界最高の経営思想家ピーター・ドラッカーの

洞察力に富んだ言葉の数々を1日1頁、

1年365日で構成されています。

気軽に読め、また人生のバイブルになる一冊です。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。