不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産倒産情報:カプリス
やはり月末、倒産です。TDBより。

戸建分譲住宅販売

株式会社カプリス

民事再生法の適用を申請

負債105億円


今月5日には、商号をフルハウスから現商号に変更して、今回の措置となった。

戸建業者の倒産も続きそうですね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産倒産情報:アーサーヒューマネット
TDBより。また倒産です。今月も多いですね。

マンション販売、管理

アーサーヒューマネット株式会社

特別清算を申請

負債35億4000万円


2008年9月に不動産開発事業をあなぶき興産九州(株)へ、

マンション管理事業を(株)穴吹ハウジングサービスへ

それぞれ譲渡し、2008年12月19日開催の

株主総会の決議により解散していた。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

アメリカ中古住宅販売、11年半ぶり低水準
ロイターより。

全米リアルター協会(NAR)が発表した

1月の中古住宅販売戸数は前月比5.3%減の年率449万戸で、

1997年7月以来、11年半ぶりの水準に落ち込んだ。


住宅価格は中央値で前年比14.8%下落の17万0300ドルで、

2003年3月の16万9400ドルに次ぐ

約6年ぶりの低水準となった。

エコノミスト、ゲーリー・セイヤー氏は

「住宅価格が引き続き下落するなか、

所得に対する値ごろ感は増しているにもかかわらず、

買い控えは続いている。

買い手を市場に呼び戻すには景況感のさらなる改善が

必要になるだろう」
と指摘した。

**************************
アメリカの不動産市場が回復してこないと

日本の不動産市場も厳しい状況が続くのではないでしょうか。

不動産市場の回復はまだまだ先かもしれませんね。


どちらも今後の不動産業界について解説する良書です。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

倒産した丸美被害者のその後
NET-IBより。

丸美被害者 怒りのデモ行進決行へ

丸美の被害者が、2月28日(土)時から、

福岡市内でデモ行進を行う。

消えてしまった現金のありか追求や

配当の少ない弁済計画に抗議するという。

**************************
丸美の社債権者や不動産特定事業への出資者への配当は

ゼロだそうです。

不動産特定事業は倒産隔離されていないので

怖い商品ですね。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

全国地価99%下落 国交省調査 
産経ニュースより。

国土交通省が24日発表した今年1月1日時点の

全国主要都市の地価動向報告によると、

調査対象の住宅地・商業地合わせて150地点のうち、

昨年10月1日時点の前回調査に比べて地価が下落したのは、

全体の99%にあたる148地点に達し、

前回の128地点(85%)から大きく拡大した。


3%以上の下落が全体の77%に相当する

115地点にのぼって前回の49地点(33%)から大幅に増えるなど、

地価の急速な下落傾向が鮮明となった。

 地価下落が全国規模で広がり、

その落ち込み幅も拡大しているのが特徴だ。

みずほ証券チーフ不動産アナリストの石沢卓志氏は

オバマ米政権の景気対策が大きな効果を発揮しなければ、

少なくとも向こう2年くらいまでは低迷が続くのではないか


と分析している。

**************************
あと2年も地価の下落が続いたら

デベロッパーをはじめ、

財閥系などを除く不動産関連のほとんどが

倒産するかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

事業者金融SFCG倒産とその影響
大型倒産です。TDBより。

事業者金融最大手

東証1部上場

株式会社SFCG

民事再生法の適用を申請

負債3380億4000万円


旧商工ファンドです。負債が非常に大きいですね。


2006年の貸金業法の改正で事業環境が急変、

不動産担保ローンの拡大を図っていたものの、

不動産市況が悪化したことが大きい要因のようです。


担保となっている不動産を換金しようにも

不動産市況が悪化したことで売れない

といった状況だったようですね。

またリーマンが破綻したことで、

リーマンからの借り入れのリファイナンスが

できなかったようですね。

今回の倒産の影響から不動産担保ローンを行う企業は

今後さらに厳しい状況になるのではないでしょうか。

そもそも不動産担保ローン自体の、

「無担保ローンと比べると低金利」とうたい

高利な融資を行うビジネスモデルにはかなり疑問を感じます。


消費者金融は違法な取立てなど

これまでコンプライアンスに非常に問題のあった業界です。

「消費者金融」の必要があるのか、疑問に思います。



「消費者金融は悪だ」という考えを見直そうという、
疑問を感じる本です。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008年住宅の取引件数、約8割減少
日経不動産マーケット情報によると、

2008年の住宅の取引件数は約8割も減少

ここには、住宅系REIT(不動産投資信託)による

物件取得が大幅に減少した影響が出ています。

住宅系REITはむしろ、物件の売り手として注目されています。

借入金比率の削減や配当原資の確保を目的として、

物件売却の動きが活発になっており、

資金難に陥ったREITが損失覚悟で売却したケースも目立ちました。

いまも、市場には好材料があまり見当たりません。

**************************
日本の不動産を購入したい投資家は存在し、

投資家が底値を探っている状態のようです。

今の時期に物件を売却しているREITなどは

負け組となりそうです。

この市況でも物件を取得するファンドが

今後の勝ち組となるのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

SBI証券、3月から手数料引き下げ?
相互リンク先の「小金持ち父さんの資産設計塾(?)」さんに

詳しく書いてありますが、

SBI証券は、投資家を呼び込むために

手数料体系を3月から見直すとのこと。


しかし、実質値下げとは言い難いですね。

10万円以下の場合「0円」から「100円」に値上げ。

また信用で1日200万円超の場合、実質的には値上げ。


小口の投資家の開拓を急ぐのが狙いのようですが、

本当にそうなのかは疑問です。

手数料が無料の証券会社については

「小金持ち父さんの資産設計塾(?)」さんに

詳しく書かれていますので勉強になります。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資用不動産取引は4割減(2008年)
日経不動産マーケット情報より。

 2008年の国内の不動産取引の件数は、

2003年の調査開始以来初めて減少に転じ、1302件になった。

前年の2186件と比べた下落幅は40%だ。

このうち価格が判明した物件の合計額は3兆305億円。

1件1000億円以上の大型取引が相次いだ前年の反動もあって、

金額ベースでの下落幅は対前年比で49%に達した。

 なかでも住宅の取引減少が著しく、

前年の747件から、2008年には176件へと

76%もの大幅減になった。

旺盛な取得姿勢を示してきた住宅系REIT(不動産投資信託)の多くが、

投資口価格の下落や融資の調達難から取得を

ストップしている影響が大きい。

不動産専門ITコンサルタントのノウハウ本



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

全国の不動産チラシ閲覧サイト
週刊住宅より。

凸版印刷

国内初、全国の不動産のチラシが閲覧できるサイト開設


凸版印刷は3月2日から、

不動産や住宅情報のチラシが閲覧できるサイト

「住まいのちらしpowered by Shufoo!(シュフー)」
の運営を始める。

分譲マンションや中古マンション、新築・中古の戸建て、土地などの

全国の不動産・住宅情報のチラシを、

エリアや路線、価格、間取りなどの条件から

無料で検索・閲覧できる。

こうしたチラシを集約したサイトは国内で初めて。


************************************
不動産探しが便利になりますね。

不動産業者にとっても、安い広告料で全国にアピールできますね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。