不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産転職情報:悪徳不動産の求人広告の嘘
某悪徳不動産業者の求人募集として、

「給料:固定給25万+歩合給」などと

広告に書く場合があります。

某悪徳不動産業者の場合、

実際には、できるだけ速やかに「歩合給のみ」に移行されます。

つまり「基本給ゼロ」です。

将来的には、こういった業者はなくなると思うのですが、

実際にはなかなかなくならない状況です。

こういった歩合の比重が大きい業者で働く営業マンは、

顧客の利益を無視し、

自分の利益しか考えないことも多く、

こうした給料体系が不動産業界のモラル低下を

招いているように思えます。

こうした給料体系では、どうしても営業マン自身のの

短期的な給料が優先され、顧客の利益が無視されがちです。

こうした給料体系が横行している不動産業界の現状は、

非常に問題ではないでしょうか。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産倒産情報:株式会社アゼル
あらためて帝国データバンクより。

マンション分譲、建築請負

東証1部上場

株式会社アゼル

破産手続き開始決定受ける

負債442億円


当社は、1956年(昭和31年)11月に創業。

元々建築工事を主体としていたが、

その後自社開発による分譲マンションの販売に進出するほか、

パチンコ店経営なども行い、83年12月には東証2部へ、

86年10月に東証1部へ上場を果たしていた。

昨年6月には、プロスペクトグループから

代表ほか役員の派遣を受けるなどして再建を目指したが、

昨年9月のリーマンショック以降は

金融機関からの資金調達はさらに厳しさを増していた。

今年に入って上場企業の倒産は、14社目で、

2008年度ベースでは45社目(うち不動産会社は23社目)。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産倒産速報:アゼル、破産
やはり3月末。倒産が続きます。ロイターより。

アゼルは30日、取締役会で破産手続き開始

の申し立てを行うことを決議したと発表した。

負債総額は442億円。

 同社は、直ちに東京地裁に申し立てを行い、

破産手続き開始が決定される見込みとしている。

***********************************
「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に疑義がある」

と開示していたアゼル。

以前書いた、情報誌『ベルダ』注目銘柄が

実際また倒産しています。

(新興不動産関連) ゼクス、サンシティ、フージャースコーポレーション、ジョイント・コーポレーション、ランド、プロパスト、明豊エンタープライズ、総和地所、エスグラントコーポレーション(※倒産)

(中堅クラス)   ニチモ(※倒産)、アゼル(※倒産)、グローベルス

(大手クラス)   大京、藤和不動産、穴吹工務店、日本綜合地所(※倒産)


引き続き倒産が続きそうですね。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

「お金を稼ぐ!」勉強法
「お金を稼ぐ!」勉強法

「週末起業」の著者である藤井孝一氏の著書です。

何をどう勉強すればいいのか。

学んだことをどう生かし、いかに稼ぎにつなげるか。

そのキャッシュポイントはどこにあるのか。

「お金を稼ぐための勉強」の考え方、発想法、ノウハウが解説された、

全体的に読みやすく示唆に富んだ一冊です。

この本の一番の良さは、

実例が豊富で実践的な内容であることではないでしょうか。

具体的には、ブログ、メルマガ、SNSなどで

勉強したことを発信し、

そこからビジネスチャンスをつかむことなどが書かれています。

自己啓発的な部分は不要な印象を受けますが、

アウトプット重視の「お金を稼ぐための勉強」、

ビジネス化、仕組み化について考えさせられる一冊です。





ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

住宅ローンを組んで家を買うことは非合理的か
東京大学経済学部卒業、

現在は出版社や金融コンサルティング会社などを傘下に持つ

株式会社フィナンシャルの代表取締役、木村剛氏。


木村剛氏の個人投資家の「心得」はこちらです。

木村剛氏の解説を以下簡単にまとめます。

・日本で平均的な年収しか得ていない人が借金をして家を買うことは合理的ではない

・不動産は「売りたい」と思っても、すぐには売れず、流動性リスクが大きすぎる。

・住宅ローンには、金利上昇リスクもある。

・長期の住宅ローンを組んで家を買ったらとても投資ができる状況ではない


どれも住宅購入の常識とは違うかもしれませんが、

金融や投資の観点から考えれば非常に合理的な考えだと思います。

地価が下落し、「今が買い時」といった

セールストークもされているようですが

「年収が以前のようにあがっていくか」はわからず、

また失業のリスクも大きい現在、

住宅の購入についても冷静に考える必要を感じます。

不動産業者の安易なセールストークには要注意です。


木村剛氏の最近の著書はこちら



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ


テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

コスモスイニシア…最新版!経営不安126社
ZAKZAKより。

大和自、コスモスイニシア…最新版!経営不安126社

2008年10-12月期の四半期報告書で、

事業を継続していくうえで大きなリスクを抱えていると

開示した上場企業が126社に上ることが26日、分かった。

前の期(7-9月期)と比べて17社の増加。

景気悪化が深刻化するなか、

“イエローカード企業”は確実に増えている。


このうち10-12月期に新たにリスクを開示した企業は22社。

市況の悪化を反映し、

日本商業開発(大阪)、グローベルス(東京)、

コスモスイニシア(同)といった

不動産関連会社3社が名を連ねた。

*******************************
不動産関連会社の不振はまだまだ続きそうですね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

金融のプロによる不動産投資の教科書
夢と幸せを実現するお金のつくりかた

著者の逢坂ユリ氏はゴールドマン・サックスをはじめ

大手外資系金融を渡り歩き、その後独立、

資産運用コンサルティングなどを行う金融・経済のプロです。

普通のOLから金融のプロにキャリアアップし、

7年間で総額10億円の不動産の資産形成をされているのは驚きです。


本書は、逢坂ユリ氏の半生と不動産投資に関するノウハウをまとめた内容となっています。

非常に読みやすい内容ですが、

「主婦~の不動産投資ノウハウ本」といったよくある類の本とは一線を画す内容で、

「金融のプロによる不動産投資のノウハウ」が書かれています。

表紙などは女性向けの本のようにも見えますが、

著者自身の経験に基づいた深い知識に基づいて書かれており、

不動産投資をされている方などにはかなり役立つのではないでしょうか。

個人の不動産投資に関する内容ですが、

ノウハウはプロのアセットマネージャーのような高度なものだと思います。

具体的に「物件の探し方・選び方・交渉術」、

「満室にするノウハウ」などが書かれており、

特に「銀行の融資に関するノウハウ・提出資料の作成方法」はさすがです。

また著者のチャレンジ精神は素晴らしく、勇気づけられる一冊です。




ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

不動産投資信託(REIT)支援策の検討
日経より。

与党は資金繰りが厳しくなっている

不動産投資信託(REIT)を支援するため、

官民共同の投資ファンドを設立する方向で検討に入った。

日本政策投資銀行や、ゆうちょ銀行の資金を

活用することも視野に入れる。

投資ファンドは政投銀や不動産開発を手掛ける民間企業など

が出資して創設する。

ファンドはREITが保有する不動産を購入する。

REITが売却代金を元手に新たな物件を買うことを促し、

不動産取引の活性化につなげる。

ファンドがREITに融資し、

資金繰りを支援することも検討する。

********************************
不動産市場にとってはいいニュースですね。

ニューシティのようなREITの破綻は

なんとか避けてほしいですね。

パシフィックの破綻もあり、REITの不安が大きい現在

このような資金活用は有意義ではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

資格情報:不動産コンサルティング技能試験
平成20年度不動産コンサルティング技能試験

の合格発表の結果です。

合格者数:938人

受験者数1,537人に対する合格率:61.0%

合格基準は、択一式試験と記述式試験の

合計200点満点中、125点以上だそうです。







ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

富士ハウス倒産の影響
週刊ダイヤモンドより。

富士ハウス倒産の余波を住宅建設業者が警戒する理由

静岡県を地盤とする注文住宅メーカー、

富士ハウスが1月に倒産したことが、

住宅業界に思わぬ波紋を呼んでいる。

同社は、工事請負契約2186件を抱えて破産。

住宅を完成させるためには多額の追加支払いが

必要なケースもあり、社会問題化しつつある。


この余波で、日本木造住宅産業協会は

「静岡県下の会員住宅建設業者によると、

契約時に住宅完成保証制度を活用したい

という契約者も出ている
」という。

また住宅建設業者の倒産に対する

セーフティネット強化を行政に求める声も

出始めているため、

住宅業界では「また規制強化になるのではないか」

と警戒感を強めている。

*********************************
国土交通省は今のところ規制強化に

積極的ではないとのことですが、疑問です。

これだけの被害者が出ているのですから

何らかのシステムは必要なのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。