不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産仲介業者の両手取引禁止
民主党のマニフェストの住宅政策の中には

中古・リフォーム・賃貸市場の活性化について

仲介業者が売り手と買い手の両方から手数料を取る

両手取引を禁止する意向が含まれているそうです。

民主党政権になった場合、

不動産仲介業者の手数料収入減少が予想されます。

住友不動産販売の前期の不動産仲介部門の

売上高400億円の4分の3が両手取引だそうで、

手数料が片方のみとなると

150億円程度の減収要因になるそうです。

以前もこのブログで書いていましたが、

売主、買主の媒介を同一業者(いわゆる両手取引)では、

売主、買主双方にとって利益相反関係にあるので

消費者保護の観点からは

望ましいのではないでしょうか。

民法では「双方代理」は禁止されています。

また以前指摘したような両手媒介を狙ってレインズに登録しない

といった行為が減ることにつながると思います。

そもそも両手媒介自体、異例な取引ですね。

買主、売主の双方に不動産業者が別々に媒介する。

非常に好ましい形ではないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ

不動産マーケット再浮上の条件 (単行本)
4822224368
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/1081-851531b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。