不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産業界の今後:淘汰が進む
不動産の仲介業はいまだに個人商店が多いですよね。

不動産業全体の9割とも言われています。

ここのところこうした個人商店の淘汰が進んでいる印象が

より強くなってきました。

よくある駅前の零細不動産業者は淘汰されています。

他の業界のように大手の寡占化が進むのは

まちがいないようですね。

それが不動産業界の成熟化につながるのではないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/10/02(金) 20:59:04 | | #[ 編集]
私は、中途半端な大きさの変温動物的な大手が一番危ないと思っています。チビッ子駅前零細不動産業者は、ランニングコストが低いので不景気時には穴倉でじっと形勢を見ていられます。したたかで賢い哺乳類のように思いますがどうでしょうか?
2009/10/03(土) 01:38:35 | URL | 不動産コレクター #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
> 私は、中途半端な大きさの変温動物的な大手が一番危ないと思っています。チビッ子駅前零細不動産業者は、ランニングコストが低いので不景気時には穴倉でじっと形勢を見ていられます。したたかで賢い哺乳類のように思いますがどうでしょうか?

ご指摘いただきました通り、
「中途半端な大きさの変温動物的な大手」の淘汰は
急速に進みそうですね。

「個人商店の淘汰」、「大手の寡占化」のような表現を使ったのは
現在の家電のような流通業界に近いイメージで使わせて頂きました。

もちろん、小さな家電の店舗もあるのですが、
大手の力が強まっているのが実情だと思います。

また、コメントいただいたように、
中途半端な中規模企業は急速に吸収され、
寡占化が進むように思います。

もちろん、地域に根ざした形の不動産業へのニーズが
なくなるとは考えてはおりませんので
経営戦略によっては十分生き残っていく
小規模企業もあると考えています。

コメントをありがとうございました。
2009/10/03(土) 13:06:57 | URL | takesita2008 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/1118-5a367331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。