不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家賃滞納歴のデータベース化
家賃滞納歴など入居者の信用情報をデータベース化する

家賃保証業界の構想などをめぐり、

消費者保護に取り組む専門家と

業界関係者の間で激しい議論が交わされた。

増田尚弁護士

「一度でも滞納してDBに載れば、

次の住まいが借りられなくなり、入居差別につながる」と指摘。

「貸金業界の信用情報は過剰融資を避ける意味で

借り手保護につながる面があるが、

賃貸住宅ではもっぱら家主のリスク回避にしかつながらない」

と発言。


不動産投資家の立場ではデータベース化は好ましいのですが、

増田弁護士のご指摘は最もですね。

家賃滞納歴などのデータベース化には

懸念を感じます。

今後もこの問題は注目していきます。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
DB化も賃貸契約更新料問題の大阪高裁判決での家主側の主張と同じで消費者保護とのバランスが今後の焦点となることが増えそうですね!
2009/09/22(火) 15:15:17 | URL | 楽々 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> DB化も賃貸契約更新料問題の大阪高裁判決での家主側の主張と同じで消費者保護とのバランスが今後の焦点となることが増えそうですね!

本当にそうですね。難しい問題ですね・・・。

ただ、消費者にとってメリットのある方向性がやはり中長期的には大切なのかな、とは思います。

とはいえ、投資家には厳しい方向に流れになっているのも現実ですよね。
2009/09/23(水) 08:41:59 | URL | takesita2008 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/1119-9314861c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。