不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優位な地位にある人から雇用流動化
金持ちをたくさん働かせる仕組み

興味深いブログの内容でした。

少し抜粋させていただくと、

「お金持ちのお金を、普通の人にはできない

リスキーな投資に向けさせたり、

優位な地位にある人から先に

雇用流動化の荒波をかぶるようにする、

などといった、

「金持ちをなるべくたくさん働かせる」仕組みを

志向すべき、と思う。」

「日本は雇用流動性がないのがいろいろな問題の根になっているが、

「雇用の流動」というと、派遣とかフリーターとか、

新卒採用抑制とか、「下」のほうに属していて、

つぶしの利かない人たちばかりが犠牲になっている感がある。」


日本は雇用流動性がないなどの指摘はよくされるものの、

社会的に弱い立場の意見はなかなか反映されません。

倒産が続く、また比較的企業の寿命が短いような

不動産業界こそ「雇用の流動化」がより重要に思えます。

高い失業の可能性に低労働流動性というのは厳しいですよね。

不動産業界だけでなく

変化が激しい状況にもかかわらず、

雇用の流動性は乏しく、

苦しんでいる人は少なくないですよね。

そのためには、海部氏の指摘のように、

「優位な立場の人をたくさん働かせる仕組み」は

有効なのかもしれませんね。

JALのような企業を国が助けることへの疑問にも

共通するものがあるように感じます。

海部氏のブログは勉強になります。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/1124-5f521d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。