不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産のこれから 不動産業界の今後


月刊PMを参照しながら、

今後の不動産市場について考えてみます。

川口有一郎氏は、「二極化の進行」は、

3年間続くと見ています。



「二極化の進行」とは、物件の質の二極化、

ファンド、REIT、AM会社の二極化である。


これまでの不動産ファンドなどへの融資は、外資が活躍していました。

ここにきて、その融資が縮小しています。

これは、外資系金融機関の特徴である、

証券化レンダーとしての特性が考えられます。

証券化レンダーとは、貸し出した債権を

CMBSなどとして市場に売却するレンダー。

対照的に、

邦銀のほとんどは、自社のバランスシートを使って貸し出す

バランスシートレンダーと呼ばれます。

問題は、CMBSなどの買い手が弱いため、

証券化レンダーが現状、

従来の不動産への融資を縮小していることにあります。


こうしたアメリカのCMBSなどの

スプレッドの縮小が起きたとき、

本格的な不動産市場の回復となると考えられます。


それまでの間に、プライベートファンドは激減する可能性が高い。

レンダーが不在だからです。

川口氏の予想する次のウィナーは、

全額キャッシュで購入できる投資家、

キャッシュフローを正しく見極められるプレーヤーだそうです。

本来の不動産事体は健全であるため、

中長期的には、良好な市場へと回復するのではないでしょうか。


J-REITなどは中長期的には上昇するのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/163-12b78405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。