不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカにはあるビジネスモデル
アメリカには、仲介手数料を格段に安くするビジネスが

出てきています。やはり、という感じです。

ぜひ日本でもやりたいですね。

Redfinは不動産仲介業者(と、そのバカ高い手数料)を、

全不動産取引の少なくとも半分から完全に排除しようと

最大限の努力を重ねてきた。

この会社のビジネスモデルは積極的かつ変っていて、

そのことはCEOのGlenn Kelmanの

「不動産はアメリカの中で飛び抜けてどうしようもない業界だ」

という言葉に要約されている。

ユーザーがRedfinを通じて家を買うと、

仲介手数料の2/3を返還してくれる。Redfinは1/3しか取らない。

RedfinはMLSに掲載される情報(売りにでている家)と、

住宅販売履歴データ(すでに売れた家)を、

1枚の地図の上に合成する。

欲しい家が見つかって交渉する段になると、

Redfinは購入手続を代行してくれる

(コールセンターには免許を持った不動産専門家が待機している)。

すばらしいのは、契約成立時に購入側の

不動産手数料の2/3を返してくれることだ。

戻ってくる金額は平均して1万ドルだという。

現在は限られた地域
(シアトル、サンスランシスコ周辺、南カリフォルニア、ボストン)で
ヒジネスを展開しているが、順調に拡大している。

この夏にはワシントンDCとシカゴにも進出する予定だ。

日本でもできる確信に近いものができました。

超低料金、定額制の仲介業、

どんな高額な物件でも、

数万円しか報酬を受け取らない仲介業です。


高い手数料を安く、

質を落とさずにサービスを提供する。

顧客主義を徹底する。

高い倫理観をもって取り組みたいですね。

ちょっと大きいこと言い過ぎですが・・・。


本当に楽しみになってきました。

何かこうしたビジネスをご存知の方、

こうしたビジネスに興味のある方はぜひコメント

をお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/164-b2948f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。