不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
首都圏新築マンション価格の年収倍率
不動産流通研究所より。

(株)東京カンテイは8日、2007年に供給された
分譲マンションの年収倍率調査を発表した。

同社調査による新築マンション70平方メートル平均価格を、
内閣府の「県民経済計算年報」による各都道府県の雇用者報酬で割って求めたもの。

 首都圏分譲マンションの年収倍率は7.77倍で、06年の6.89倍から大きく拡大した。

平均年収が551万円と横ばいだったにもかかわらず、

平均価格が4,276万円(06年:3,799万円)と大幅に上昇しているため。

各都県の倍率は、東京都9.85倍(同:8.58倍)、神奈川県8.10倍(同7.11倍)、

埼玉県7.69倍(同:6.67倍)、千葉県5.28倍(同4.99倍)といずれも拡大している。


 全国的にみても、年収が伸び悩む中でマンション価格が上昇したため、

年収倍率は拡大基調。47都道府県のうち、年収倍率が下がったのは、14県だけだった。
************************************************
マンション販売不調も理解できますね。

当分はマンションは買いではないでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/198-c51a6641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。