不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪徳不動産:仲介手数料について
「不動産購入応援ブログ」に非常にわかりやすく説明がされていた。


>サービスを商品として見立てた場合、業務内容と費用(仲介手数料)を見比べて、依頼するかどうかの検討しなければなりません。
>しかし、現在の不動産流通の現場では、不動産そのものばかりに目が行き、仲介という部分については説明もなく始まります。

>これは消費者の方が、不動産のことばかりに先走る傾向を、不動産会社側がうまく利用しているもの。
>どこまでの業務をするかを説明することはほとんどなく、仲介手数料の話が契約前に少しでるくらい。
>不動産を購入することが決まってからでは、会社を切り替えることは事実上難しく、受けいらざる負えない状況にさせられてしまっているのが現状です。


まさに、その通りだと思う。

しかし、

「不動産会社が独自に試行錯誤しながら不動産流通を改善していくために努力はしている」

とは思えない。

不動産業者は、いくら儲かるかというインセンティブでしか実際は動いていない。



だから、低価格の不動産物件には要注意だ。


例えば、広告に1000万とか、2000万台の物件が多い不動産業者。

これは、低価格の不動産を良心的に紹介しようとしているのではない。


何かしら、「儲かる」ように仕組んでいる。


その仕組みはまたコメントしようと思うが、

低価格帯の購入層は富裕層に比べて、

知識が少ない可能性が高く、うまくだませると思っている業者は多い。


3%という手数料である以上、低価格の不動産を中心に広告を出す業者には要注意だ。必ず、手数料以外のところで、「儲ける」仕組みを作っている。

マイホームを検討中のかたは特にご注意を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/20-09adc75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。