不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
倒産情報 グローバンス
帝国データバンクより。

グローバンス(株)は、5月26日に東京地裁へ
民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。
 
 当社は、2003年(平成15年)3月に設立された不動産ファンド事業者。

不動産投資ファンドの企画、組成から運用受託までを手がける

不動産ファンド事業を主体に、アセットマネジメント事業やデューデリジェンス、

コンサルティングまで幅広く事業を展開。

とりわけ、地域密着型の「マルハチファンド」(名古屋圏に特化した不動産ファンド)

や学生マンションを対象としたものなど特色あるファンド運営で

定評があり業績を拡大させ、

平成19年3月期の売上高は約47億2600万円を計上、

同期の運用資産は約610億円の実績を有していた。

当社は不動産ファンド事業に特化した展開を行っていたが、

事業環境の悪化によって、ファンド組み込み予定の収益物件を

当社が買い取り一時的に保有、ファンドへ売却するケースも増えていた。

サブプライムローン問題の影響で金融機関の融資姿勢が硬化、

新たなファンド組成が困難となるなか、本体でのプロジェクト資金の調達も難航。


そのため、不動産売買契約が履行できず、違約金が発生するなどしていた。

負債は約74億5000万円。

2008年3月には三つのファンドを立ち上げる予定だったが、

このうち二つのファンドに関してノンリコースローンを調達できずに組成を断念した。

手元資金の流出、保有コストの増加などによって財務体質が悪化し、

自力での事業継続を断念した。


運営していたファンドはどうなるのでしょうか。
 
倒産隔離とはいっても、影響はなにかと出てくるのだと思います。

ファンド会社も淘汰が進んできましたね。

まだまだ中小のファンドで危ないところはあると思います。
スポンサーサイト

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/245-9857dbd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。