不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円安への流れ
どうやら円安への流れがあるようです。

日経ビジネスより。

「米シティ、個人向けサムライ債発行へ 最大1000億円(6月10日)」

「サムライ債発行額急増 08年度9000億円突破(6月13日)」

「邦銀協調融資、外国企業向け大幅増(7月1日)」

そして、「世界の協調融資4割減(7月7日)」…。

いずれも日本経済新聞からの記事の見出しだが、

筆者には日を隔てて掲載されたこれらの記事と進む円安とが、

1つの線でつながれた物語のように思えてならなかった。

*****************************************
調達された円資金の一部でも、

為替市場を通して外貨に転換されている可能性はないか、ということだ。

調達資金の全額に対して為替変動リスクを負うのは、

非常に大きな冒険と言えるが、その資金の一部だけなら…。

そうすれば低金利の恩恵にもあずかることができる。

つまり、円で資金調達した主体は、

その一部で「円キャリー取引」をすることになる。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/331-8689d2eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。