不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危ない会社
NET-IBより抜粋。
***************************
「秀和紀尾井町TBRビル」を舞台とした

地上げに捜査のメスが入ったため、

新興不動産会社はパニックに襲われた。

スルガ社だけが例外ではないのだ。


証券市場では、「USA」とか「横浜3L」といった言葉が飛び交う。

新興不動産会社の頭文字からとった危ない会社である。

スルガ社が民事再生法の適用を申請したことを受けて、

新興不動産会社の株価は軒並み暴落した。

 6月の月間値下がり率ランキングには、

スルガ社をはじめ、

ランドコム(株)(横浜市、東証2部)、

(株)ゼファー(東京・中央区、東証1部)、

(株)アルデプロ(東京・新宿区、東証マザーズ)、

(株)アーバンコーポレイション(広島市、東証1部)、

(株)エリアクエスト(東京・新宿区、東証マザーズ)、

(株)アイディーユー(大阪市、東証マザーズ)

など、何かと話題にこと欠かない

カタカナ社名の新興不動産会社が名を連ねている。


 はっきりしているのは、反社会的勢力の資金源を断つために、

不動産マネーの蛇口が一気に絞り込まれたということだ。

ビルの地上げや土地転がしにより、

巨額の利益が転がり込んできた宴は終わったのである。

********************************
鋭い記事です・・・。
スポンサーサイト

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/353-649d641a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。