不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノンリコースローン
不動産の見方・買い方ブログ

というブログに興味深いコメントがありました。

少し抜粋させていただきます。
******************************
ノンリコースローンをご存知でしょうか?

一般に、金融機関が融資をすると、その貸付債権を担保するため、

不動産に抵当権を付けます。

もし、ローンの支払いを滞納すれば、

抵当権を実行し、裁判所を通じて不動産が競売に付されます。

競売代金でローンが完済されれば、それで完了ですが、

もし債権が完済されないときは、さらに債務者、保証人の財産に遡及していきます。

これに対し、ノンリコースローンは、担保不動産のみに遡及し、

他の財産に遡及しないローンです。


英米の不動産投資では一般的な資金調達方法であり、

日本でも証券化事業で使われ始めています。
***********************************
このブログでは、ノンリコースローンが一般的になれば、

過剰な融資や過剰な不動産投資が抑制されると書かれています。


本当にその通りだと思います。

日本の今のローンは不動産の価値というよりも、

借主の属性や返済比率といった年収に占めるローンの割合が重視されます。

東証一部上場企業に勤めていたり、公務員だと評価が高かったり。

逆に年収は高くても外資系や個人事業主は評価が低かったり。

転職や起業が当たり前になりつつある現在、

このような金融機関の評価方法には疑問を感じます。


ノンリコースローンが一般的になれば、

借主の属性に関わらず、その不動産の評価がより適正に

なされるようになるはずです。

ノンリコースローンの普及には大賛成です。

住宅ローンの不振・競争激化の現在、

ノンリコースローンを提供する金融機関があってもいいと思うのですが。

スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
銀行員のレベルが低すぎるので暫く無理かと。
2008/08/18(月) 23:00:43 | URL | #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
しかし、銀行もこういった方向への努力は必要ですよね。

そうなるように願っています。
2008/08/19(火) 11:10:58 | URL | takesita2008 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/452-04a67363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。