不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建築条件付土地契約の罠
スマッチというサイトに素晴らしいコメントがあります。

少し引用させていただくと、

建築条件付土地契約は、現実的には、

建売住宅のフリープランでしかなく

消費者の利益が守られていないケースが多い。

宅建業法で、建売住宅の販売や契約をできる時期が定められており、

早く売りたいが、建売では売れないという業者のジレンマを、

この建築条件付土地契約という形態を取ることにより

規定を逃れて解消しているだけである


このため、プランや仕様と価格がすでにほとんど決まっており

自由な建築にはほど遠いことや、

土地契約と同時に建物契約を迫り、

充分な打ち合わせをする事なく同時に契約を結ばせることが多い。

やはり、この強い立場を利用して建築契約を迫る販売手法は、

優良な建築会社の育成、建物という社会ストックの形成、

消費者の保護・資産形成、不動産流通市場の近代化、

業者の意識や業界の信頼獲得の妨げになっているのではないか。
**********************************
まったくその通りです。

以前、このブログでも、建築条件付売地の場合、

建築業者からキックバックをもらっている実態を

書いたことがありますが、

この建築条件付売地という契約形態は規制すべきではないでしょうか。


参考になったなぁと思われたら、

↓健美家へのクリックをお願い致します

スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
これはほんとにそう思う

いいと思った土地があっても
建築条件付だと手が出せないし
2008/09/06(土) 00:38:12 | URL | 会長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/487-085187bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。