不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建築条件のない土地売却が増える
最近、土地だけで売ります、というような物件が

多く出てきたように思います。

以前なら「建築条件付」で出していた物件。

建設会社がリスクを抑えているからでしょう。

そして、建築する資金を調達できない現状があるのだと思います。

一般の購入者にとってはいい傾向ですね。

「建築条件付」には罠が多いですから。

・早く売りたいが、建売では売れないという業者のジレンマを、

 この建築条件付土地契約という形態を取ることにより

 規定を逃れて解消しているだけ。

・プランや仕様と価格がすでにほとんど決まっており、
 
 自由な建築にはほど遠い。

・土地売却業者が建築業者からキックバックをもらっている

こういったマイナスがなくなります。


そして先日ご紹介した住宅瑕疵担保履行法の施行

によって、この流れは加速するのではないでしょうか。

個人的には非常に好ましい流れだと思います。

参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/523-10230f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。