不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産取引の現状と課題
住宅購入応援ブログによると、

“不動産取引制度に関する研究会”が報告書を

全国宅地建物取引業協会の理事会に提出。

その概要で特に興味深いものがこちらです。

売主、買主の媒介を同一業者(いわゆる両手取引)では、

 売主、買主双方にとって利益相反関係にあることから、

消費者保護に課題を抱えている。


非常に的確な指摘ですね。

「仲介業者による意図的・恣意的な

両手媒介を廃除」


大賛成です。

このブログで以前指摘した両手媒介を狙ってレインズに登録しない

といった行為が減ることにつながると思います。

そもそも両手媒介自体、買主、売主の利益が相反したもので、

異例な取引ですね。

買主、売主の双方に不動産業者が別々に媒介する。

非常に好ましい形ではないでしょうか。


参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
宅建協会って
個人保護とは言っても業者の会費による運営&業者のみの理事・・・
レインズのオープンすら業者の反対で今や立ち消え!?
結局、業者保護の団体です
2008/09/28(日) 00:44:39 | URL | kanai #-[ 編集]
kanai 様、本当にそうですね。

レインズのオープンをしないなど、釈然としないですね。

不動産取引制度に関する研究会のように、有意義な議論を通じて、協会も変わって欲しいですね。
2008/09/28(日) 08:57:37 | URL | takesita2008 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/548-e93b0d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。