不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東証REIT指数連動型のETF 比較
東証REIT指数連動型のETF

①NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

②上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型


の2銘柄が東証に上場しています。

信託報酬は①0.336%、②0.315%です。

毎月分配金を出す投資信託は税効率が悪いとされています。

分配金を出すたびに2008年現在、

所得税・住民税あわせて10%の税金が引かれます。

それだけ複利の効果が弱まってしまいます。

ETFの場合も配当金から10%税金が引かれます。

投資するスタンスにもよるものの、

複利の効果を考えると、①NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

の方が中長期の投資向きではないでしょうか。

ただし、信託報酬というコストは

②上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型

の方がやや低いですし、こまめに分配を受けたいと考える方には

隔月分配型でも良さそうです。

一般的には、①NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信を

選択される方が多いのではないでしょうか。


実際、今週の売買高を見ても、①の方が圧倒的に大きいです。

ETFも分配金を出さずに再投資する商品が出てくると、

長期の低コスト投資がより実現されると思います。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/686-1a3e6aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。