不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本経済を襲う二つの波
「日本経済を襲う2つの波とは何か」(EJ第2439号)

リチャード・クー氏の本のタイトルにある

「2つの波」。

1つ目の波は、

1990年度から2005年ぐらいまでの間に

日本を襲った不況の波のことを指しています。

いわゆる「失われた10年」とか

「失われた15年」といわれる不況期を指しているのです。

 クー氏は、この不況の波を「バランスシート不況」と

名づけて不況に対するひとつの新しい解釈

――経済学のテキストに載っていない

経済分析をしています。

 しかし、2005年くらいから日本の景気は回復し、

これから順調に伸びようとしていた矢先に、

米国発のサブプライム問題の影響で

日本経済も深刻な打撃を受けつつあります。

先進国の中では一番影響が少ないといわれている

日本の株式が他国よりも大きく下げ、

それに加えて円高が進んでいます。

 日本にとって一番大きい問題は、

「内需が伸びていない」という点です。

設備投資にしても消費水準を見ても

内需拡大は一向に進んでいないです。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/802-5a41dfbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。