不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界的には大恐慌以上の危機
「すべての経済はバブルに通じる」の著者、

小幡績氏が興味深いコメントをされています。

以下一部引用させていただきます。

私は、日本は確かに傷は浅いが、

世界的には、大恐慌以上の危機と思っている。


理由は、

1.大恐慌ほど、失業率は上がっていない、

金融市場の混乱だけだ、という見方だが、

それはこれまでの話。

実体経済は、とりわけ米国は、

ここからとことん悪くなる。

大恐慌も、1929年は金融市場のみ。

その後、数年かけてとことん悪くなった。今回も同様である。

2.今回は、新興国も巻き込んでいる。

したがって、日本の1990年代の失われた10年とは異なり、

外部に復活のきっかけをもとめることは、

今回の米国にはできない。

したがって、米国の大不況は長期化する。

もちろん、世界では温度差があり、

米国はとことん来るだろうが、

日本は相対的に浅く、

また新興国は、深いが、回復も早いだろう。

欧州は、ここが勝負どころ。

EUバブルの崩壊も同時に起こっているため、

ショックとしては、むしろ米国よりも大きいが、

政策対応や不況、困難の経験から、

米国よりは、うまく乗り切れると予想する。

フロンティアとして、EUの周辺部があるのもいい。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/815-69d75884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。