不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
破綻不安上場企業109社
ZAKZAKより。

2008年7-9月期の四半期報告書で、

継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に疑義がある

と開示した上場企業が109社に上ることが、分かった。

同期に新たに開示したのが19社で、

4-6月期からの継続組が90社となっている。

新規組では、不動産市況の悪化を受けて、

不動産・建設業が目立つ。

新たに疑義があると開示したうち

不動産・建設業は6社で、

塩見ホールディングス(東京)、アゼル(東京)、

エムジーホーム(名古屋)、ダイナシティ(東京)、

フージャースコーポレーション(東京)が名を連ねている。

世界的な景気後退局面入りで、

日本の景気もあと5年くらいは低迷したままになるだろう

とみる専門家は多い。

今後も、破綻リスクを開示する企業が増えていきそうだ。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/840-6547cb93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。