不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内定取り消し学生に100万円“迷惑料”
東証1部上場のマンション分譲大手「日本綜合地所」。


 広さ8畳ほどの部屋でテーブルを挟んで向き合うと、

総務部長は「迷惑をおかけしました」と頭を下げたが、

10月の内定式で

「不動産業界は不況だが、うちは大丈夫」と話していた社長の姿はない。

「なぜ、社長が来て謝罪しないのか」。

声を荒らげて詰め寄っても、

総務部長は「交渉にあたるのは私たちですから」

と理由をはっきり語らなかった。

 会社側は、学生たちに提示していた1人42万円の「迷惑料」を

今回、100万円に増額すると説明した

それでも「人生を狂わされた」という悔しさは募るばかり。

「1年分の学費にもならない」という反論にも、

会社側は「できる範囲のことはしている」

「生活の面倒までは見ることができない」と語るだけだった。

読売新聞
***************************
雇用の流動性が低い日本では、

欧米とは内定取り消しや解雇の重みが違います。

安易な採用活動に疑問を感じます。


複数の内定を少なくともみとめさせるのはいかがでしょうか。

多くの企業では一社に絞り込ませますが、

このような内定取り消しが簡単に起きるのでは

学生にもリスクヘッジする手段が必要ではないでしょうか。

それにしても、新卒があまりにも重視されることには

大いに疑問を感じます。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/847-2c44e121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。