不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産の価値をどう見極めるか
不動産の売却の際、価格を見積もるときなど、

不動産業者は周辺の取引事例をいくつか集めて、

それで価格を安易に決めてしまう業者が多いのが

現状ではないでしょうか。

しかし、取引事例比較法は

市場心理に大きく影響され、

根拠のない価格しか求められません。

さらに、これには、地縁のある人などの

非常に個人的な価値も含むため、

価格の根拠にはなりません。

「以前この価格で成約した価格」

ばかりを根拠とする不動産業者には要注意です。


当然ですが、やはり物件の価値(バリュー)と

価格(プライス)の乖離を知るには

収益還元法」を使うことがベストではないでしょうか。

レベルの低い不動産業者にだまされないようにしたいですね。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/851-1cc49b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。