不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仲介手数料定額制の不動産仲介会社
定額制の不動産仲介会社で、

株式会社リードという企業があります。



東京・神奈川の不動産売買仲介会社。

既存の不動産会社の枠にとらわれない

“新しい不動産会社”を目指し、

2006年6月28日に設立し、

設立当初より新しい不動産仲介システムの選択肢として

仲介手数料定額制』を提供。

インターネット中心の営業展開でコストを大幅に削減。

不動産売却時の仲介手数料:525,000円の定額。

一般のお客様に対して、

そのお客様が購入した・売却した不動産の価格に対して

(=「物」に対して)手数料を請求するのは、

どこか矛盾がないだろうか?

(「不動産の価格が高額」=

「業務量が多い・高度な専門知識を要する」という訳ではありません。)

お客様からご依頼いただいた依頼内容に対して

仲介業者が行った業務

(=あくまでも「人」が行った業務)

の内容を基準とし仲介手数料を算定する。

仲介手数料の算定基準を

「不動産の価格」から「人が行う業務」にシフトしたとき、

自然に行き着いた答えが「仲介手数料の定額制」だったとのこと。

素晴らしい取り組みですね。

恐縮ですが、

これまでこのブログで書いてきた自分の考えに非常に近く、

大変共感を持ちました。

両手媒介に対して否定的な点も非常に共感できます。

こうした企業にぜひがんばってほしいですね。


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/860-313a6abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。