不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残るのは旧財閥系とスーパーゼネコンのひと握り!?
日刊ゲンダイより。

株価が安定的に推移していても、

“突然死”することがある。

棚卸し資産と負債のバランスが悪い企業は、

突然死のリスクが高い。


棚卸し資産とは、ビルや分譲マンションの売れ残り在庫などのこと。

これが急増し、現金の出入りを示す

営業キャッシュフローが赤字の会社は、

資金繰りが悪化しているのです。

そうなると、銀行の融資も下りにくくなるという悪循環。

事業規模が数千億円の企業でも、資金繰りに行き詰まれば、

数千万円がトドメになって倒れかねません」(大手不動産ディベロッパー幹部)

 今年破綻したアーバンコーポレイションや

創建ホームズ、モリモトなどがこのパターンだった。

 不動産経済研究所によれば、

マンション発売戸数は15カ月連続で前年割れ。

バブル崩壊時の14カ月を上回り、統計を取り始めた73年以来、

最長の低迷となっている。

同研究所は「販売不振は3年続く」と予測しているが、

不動産流動化ビジネスやマンション分譲は、

買い手がいなくなれば途端に事業が行き詰まる。

新興不動産の淘汰で終わるかと思っていたが、

業界を取り巻く環境は予想以上に厳しかった。

破綻の波は中堅業者やゼネコンにも波及している。

3年後には、旧財閥系とスーパーゼネコンしか

残っていないかもしれません
」(前出のディベロッパー幹部)

 メガバンクは一斉に逃げ出しているだけに、

この予測は極論ではない。

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
日刊ゲンダイより。

株価が安定的に推移していても、“突然死”することがある。

「棚卸し資産と負債のバランスが悪い企業は、突然死のリスクが高い。棚卸し資産とは、ビルや分譲マンションの売れ残り在庫などのこと。これが急増し、現金の出入りを示す営業キャッシュフローが赤字の会社は、資金繰りが悪化しているのです。そうなると、銀行の融資も下りにくくなるという悪循環。事業規模が数千億円の企業でも、資金繰りに行き詰まれば、数千万円がトドメになって倒れかねません」(大手不動産ディベロッパー幹部)

 今年破綻したアーバンコーポレイションや創建ホームズ、モリモトなどがこのパターンだった。

 不動産経済研究所によれば、マンション発売戸数は15カ月連続で前年割れ。バブル崩壊時の14カ月を上回り、統計を取り始めた73年以来、最長の低迷となっている。同研究所は「販売不振は3年続く」と予測しているが、不動産流動化ビジネスやマンション分譲は、買い手がいなくなれば途端に事業が行き詰まる。

「新興不動産の淘汰で終わるかと思っていたが、業界を取り巻く環境は予想以上に厳しかった。破綻の波は中堅業者やゼネコンにも波及している。3年後には、旧財閥系とスーパーゼネコンしか残っていないかもしれません」(前出のディベロッパー幹部)

 メガバンクは一斉に逃げ出しているだけに、この予測は極論ではない。


スポンサーサイト

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/878-f01bed0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。