不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新興上場不動産業者の倒産の現状
NET-IBより。

新興上場不動産業者の倒産が相次いでいる。

そして注目されるのは、倒産の直接的な引き金が、

監査法人とメインバンクとの間の責任のなすり合い

によるものが増えたことだ。

最近でも、2,000億円近い負債を抱えて

倒産した会社の実例が証明している。

会社の将来を展望した場合、監査法人としては、

決算の承認を躊躇せざるをえなかった。

一方、メインバンクは「支援する」ことを表明。

しかし、監査法人としてはそれだけでは心もとない。

「『支援する』という頭取の一筆を頂きたい」とメイン行に申し出た。

銀行は「そんな要求には応じられない」と、

当然の如く拒否。

かくて、瞬く間に決済日が来て、アウトとなった。

このように、監査法人とメイン銀行とが責任逃れの

綱引きをしている間に倒産するケースが、

今後続出するであろう。


*********************************
不動産業界の厳しさはさらに広く深くなり、

回復の時期は見通せない状況といえそうです。

首都圏第二位のマンション分譲業者である

日本綜合地所倒産は

今後の不動産業者の倒産ラッシュの第二段階

の始まりではないでしょうか。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/921-fb952f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。