不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本郵政かんぽの宿の問題
川口有一郎氏はブログの中で、

かんぽの宿の問題について次のような発言をされています。

本質的な問題は、「最終的な結果の責任を追及されない」

仕組みにあります。

無駄な建物を造って、後で現在のような問題、

24000億円のものが100億円程度で民間に払い下げられる。

そういう結果になった責任を、

建設を決定した人がとらなくていいという仕組みに問題があります。


オリックスが落札してもしなくても、

2400億円のものが100億円程度まで切り下げられたこと。

また、その責任の所在が不明なこと。

さらに、そのことについて誰も責任を負わないこと。


取材を受けながら、ここに疑問を感じました。

最後に、2400億円の不動産が100億程度になっている、

そういう不動産市場のあり方こそ、

我が国にとっての一大事だと考えています。

また、この時点で売却しなければならないような仕組みこそ

再検討されるべき問題だと思います。


**************************
大きくうなづいてしまいました。

非常に的確な指摘ですね。

しかし、再検討などの期間で出る赤字について、

またもし100億以下で売却せざるをえなくなった場合、

大臣はその際の損失の責任をどうするのでしょうか。

ブログでわかる不動産業界の大変貌

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/922-e97659d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。