不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
悪徳不動産、不動産業界の現状やファイナンス・不動産金融について書いていく不動産ブログです。書評や宅建などの資格情報も。特にマイホーム(マンション・戸建・賃貸)や資産運用・不動産投資を検討されている方に見ていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月首都圏マンション発売
ロイターより。

民間の不動産経済研究所が発表したマンション市場動向によると、

2月の首都圏マンション発売戸数は2509戸で

前年比27.5%減となり、18カ月連続のマイナスとなった。

 在庫は15カ月ぶりに1万戸の大台を割れており、

3月も在庫処理を優先する動きが続きそうだという。

 マンション販売在庫数は9819戸で、前月比1860戸減となった。

厳しい金融情勢などを背景に各社とも在庫処理を積極化しているほか、

マンション値引きや大型の住宅ローン減税が、

マンション購入への追い風になっている。

 首都圏のマンション契約率は61.7%で、

好不調の分かれ目とされる70%を引き続き下回っている。

都心の物件が多かったことなどから、

1戸当たりの価格は4823万円となり、前年比で1.2%上昇した。

 今後については「3月も在庫が減る可能性が高い」(同研究所)として、

在庫処理を優先する動きが続く見通し。

新年度入り後も在庫圧縮が進展するには、契約率の上昇が不可欠となっている。

 なお、3月の発売戸数は3500戸前後の見込みとなっている。

*********************************
明らかにマンションが売れていないですね。

不動産関連の倒産がこれだけ続いていると、

住宅の購入もリスクが大きいですね。

少なくとも、2009年10月の住宅瑕疵担保履行法の施行まで

住宅の購入は様子見する方がいいのではないでしょうか。

過去書いたものです↓

住宅瑕疵担保履行法について

売主の不動産業者が倒産したら

不動産のこれから

ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓健美家へのクリック(ご協力)をお願い致します。



土地・不動産ランキングはこちら
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
お薦め!経済ブログランキングはこちら
にほんブログ村 経済ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takesita2008.blog45.fc2.com/tb.php/991-d8fcfde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。